トップページ > トピックス

トピックス

01/13
医療ひっ迫防止アラートの発出について(三重県)

 三重県では昨年12月以降、感染者数、入院患者数が増加し、医療提供体制への負荷が急速に高まっています。1月6日には、新規感染者数が5,000人を超え、病床使用率も60%を超えました。その後も、状況の改善が見られず、1月12日には、新規感染者数が過去最多を更新(5,4,57人)、病床使用率が第7波の最高値を大きく超えました(66.4%)。また、救急搬送困難事例についても、1週間あたりでは第7波を超える状況となっています。
 こうした状況を鑑み、医療提供体制のひっ迫を防ぐため、令和5年1月13日に「医療ひっ迫防止アラート」を発出しましたので、お知らせします。
 三重県といたしましても、そうした事態に陥らないよう対策に取り組んでまいりますが、県民の皆様、事業者の皆様におかれましても、改めて感染防止対策の徹底にご協力をお願い申し上げます。

※三重県新型コロナウイルス感染症特設サイトは以下のサイトからご覧いただけます。

  https://www.pref.mie.lg.jp/covid19.shtm

添付ファイル

01医療ひっ迫防止アラート .pdf (241KB)

三重県

安全協会

地域防災協議会

溶材組合


ページトップへ