トップページトピックス

トピックス

09/10
三重県緊急事態措置の延長について

 9月以降、県内の新規感染者数は減少傾向となっていますが、1日の新規感染者は100人を超える状況が続くなど、依然として、多数の感染者が発生し、予断を許さない状況です。
 また、9月2日には病床占有率、重症者用病床占有率がステージⅣの指標である50%を超え、本日時点で高い水準にあります。こうした状況の中、県内のすべての病院に対し、感染症法に基づく病床確保や入院患者の受け入れを要請し、病床の追加確保や、回復患者の受け入れ、人的支援などのご協力をいただけることになり、まさに総力戦で取り組んでいるところです。
 しかし、こうしたご協力にあたっては、予定していた入院や手術を延期するなど、通常の医療に大きな影響を与えており、このままの状況が続けば、救えるはずの命が救えないという状況にもなりかねません。感染者の減少傾向を確実なものとすることで、医療提供体制の負荷を軽減し、必要な医療を必要な時に受けることができる体制を取り戻すためには、今しばらく、強い対策をとっていく必要があります。また、生活圏を共有する愛知県、岐阜県との面的な対応も重要です。
 こうした状況に鑑み、政府とも情報共有、協議を重ねてきたところ、本県に発令されている「緊急事態宣言」について、9月30日まで延長されることが決定しましたので、お知らせします。
 三重県としても、引き続き感染拡大防止にむけてワクチン接種体制の整備、検査体
制の強化、営業時間の短縮要請、影響を受けている事業者の皆様への支援をはじめ対策を講じてまいりますので、皆様におかれましても、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組についてご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。 

※三重県新型コロナウイルス感染症特設サイトは以下のサイトからご覧いただけます。
  https://www.pref.mie.lg.jp/covid19.shtm

添付ファイル

01三重県緊急事態措置延長.pdf (1,576KB)
02措置別冊(県の取組).pdf (882KB)
03指針別冊イベント基準.pdf (776KB)


ページトップへ