トップページトピックス

トピックス

06/14
三重県まん延防止等重点措置の一部変更について

 まん延防止等重点措置が適用されてから1か月が経過しました。県内の 感染状況を見ると、県民の皆様、事業者の皆様のご尽力により、新規感染者数は 減少傾向がみられるものの、未だ多数の感染者が発生している地域があります。 
 また、病床占有率も下がっているものの、政府分科会の示すステージⅢを下回るには至っておらず、重症者も引き続き発生しています。近隣府県においても減少傾向はみられるものの、予断を許さない状況が続いており、特に生活文化圏を 共有する愛知県、岐阜県とは引き続き3県一体で面的、広域的に対応を行ない、 措置の期限である6月20日までは徹底的に感染を抑え込む必要があります。
 一方で、まん延防止等重点措置の適用後1か月の感染状況をとらえ、地域ごとの状況に応じた対応とするため、特に重点的に措置を講じる区域を変更するなど、「三重県まん延防止等重点措置」を6月11日に一部変更しましたので、お知らせします。
 また、重点措置の別冊である「三重県が実施する対策」についても、一部変更を行っておりますので、あわせてお知らせします。

添付ファイル

01まん延防止等重点措置(下線あり).pdf (1,164KB)
02三重県の対策(下線あり).pdf (670KB)


ページトップへ