トップページトピックス

トピックス

06/29
新型コロナウイルスの影響を踏まえた措置(高圧ガス保安法令)

新型コロナウイルスの影響を踏まえた措置 (高圧ガス保安法令)
  令和2年6月26日(金) 公布・施行
概要
 新型コロナウイルスの影響を踏まえ、法令に定める事務について方法を改める。
主な改正の内容
(1)認定の Web 審査導入
・現行法令上、保安検査等を自ら行うことができる事業者の認定にあっては、
 経済産業省又は高圧ガス保安協会による書類審査及び現地審査を行うことと
 している。
・現地審査に代わり、Web 審査(図面、写真及び映像その他の資料の確認)を
 受けることを可能 とする。ただし、この場合にあっては、事後的に現地確認を
 受けるものとする。
(2)国家試験に係る科目免除申請方法の柔軟化
・現行法令上、製造保安責任者試験又は販売主任者試験の科目免除を申請しようと
 する者は、受 験願書に講習修了証又はその写しを添付することとしている。
・新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、講習修了証又はその写しの添付に
 よらず、試験実 施者が定める方法により科目免除を行うことを可能とする。
(3)義務講習受講期限の再延長
・令和2年3月 17 日の省令一部改正・告示制定により、保安企画推進員等が
 選任後6月以内に受 けなければならない義務講習について、令和2年2月1日
 から同年6月 30 日までに受講期限を 迎える場合には、その期限を6カ月延長
 したところ。
・今般、令和2年2月1日から令和3年3月 31 日までに受講期限を迎える場合
 には、令和3年3 月 31 日まで(令和2年度内)に受講すればよいものとする。
 
☆詳しくは、経済産業省のHPをご覧ください。
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2020/06/20200626_kouatsu_1.html


ページトップへ